智能的起源
Intelligent origin
B 肢體動感智能
Body activity
L 語言文字智能
Languages
I 人際關係智能
Interpersonal relationships
V 空間視覺智能
Vision and space
O 細微觀察智能
Observation
S 自我內省智能
Self-introspection
M 數學邏輯智能
Math and logistic
A 藝術創作智能
Art creation
R 研發設計智能
Research and development
D 直覺感應智能
Detection and intuition
擴散式思考與聚斂式思考
Divergent and convergent thinking

智能的起源

  今から約5万年前、人類は摩擦によって木材に熱を持たせて、火を生みました。機敏な身体運動の知能で魚を捕らえたり狩りをしたりして、食生活を豊かなものにしました。言語の知能を使ってコミュニケーションをとり、対人関係の知能を用いて部族を形作りました。直感と感性の知能で部族の未来を占い、芸術創作の知能で崇拝や信仰の対象を形あるものにしました。そうして部族の求心力を高め、生命に帰する方向を与えました。そして、約8千年前に人類は言語の知能を使って、文字を作り始め、知識の伝承という概念が確立されました。おおよそ5千年前、数学と論理の知能及び空間と視覚の知能を使ってピラミッドを立てました。続いて観察の知能、研究と開発の知能及び自己内省の知能により、多種多様な生活用品を発明しました。そして、自己内省の知能を使って、人類を現代の文明と科学の未来へ導きました。

  今日の人類は更に様々な知能を駆使し、現代科学に想像を絶する急速な発展をもたらしました。重さが100トンを超える飛行機を空に飛ばしただけでなく、宇宙船を5600万キロ離れた木星へと打ち上げました。また、深さ8180メートルの海底へ探索に潜りました。その上、、驚異的な数々のハイテク製品を開発しました。例えば、動植物の遺伝子を変える研究、無性繁殖、カプセル型体内カメラ、人工臓器など、人類の寿命を絶えず延ばし、生活の質を高め続けました。これら全ての進歩は、いずれも人類があらゆる知能を駆使した賜物です。

  人類は各種の知能を積極的に使いこなすことで万物を大きく引き離し、今の地球上で特別に優れた種になりました。人類の発展過程から言うと、各知能の始まりはある特定の時間的・空間的背景の下、その時代で重視される「事」や「物」を創出することにあると思われます。その知恵と能力をまとめて「知能」と呼びます。

  ロンポスは属性と特質の違いによって知能を10種類に分け、各界の参考及び研究に提供いたします。

無料問題集  |  説明書ダウンロード  |  積木紛失  |  体験プレイ  |  答えのヒント  |  ロンポス製品設計者メールボックス  |  十大智能の紹介  |  会社情報  |  国外バイヤー
Copyright © LONPOS, All rights Reserved.